Cyclo Computer SGX-CA500 希望小売価格 29,800円(税別)

自分の走りを知り、理想を追求する。
進化を続ける新次元サイクルコンピューター
先進のフォルムに小型軽量化を実現。ANT+™規格やWi-Fiにも対応し100種類以上のデータをリアルタイムに表示します。Wifiやネット環境を利用して日々ファームウェアアップデートにより新たな機能を追加。データ解析サイトシクロスフィア(スマートフォン版)との連携により効果的なパワートレーニング・ペダリングトレーニングを実現する「トレーニングアシスト機能」を装備(2016年4月ファームウェアアップデート)。サイクルコンピューターがライダーの成長を見守ります。

※Wi-Fi CERTIFIEDロゴはWiFi Allianceの認証マークです。
※ANT+™とは2.4GHz帯を用いた低消費電力の無線通信規格です。
Feature

UPDATE 進化を続ける
新次元サイクルコンピューター

2016年11月2日 アップデート予定 センサーバッテリーアラート機能搭載

センサーのバッテリー電圧が2.5V以下になると走行中にSGX-CA500の画面に
ポップアップ表示で電池交換時期が近づいたことを知らせてくれます。

※SGX-PM910V/VL/VRはSGX-CA500をアップデートすることで使用できます。
SGY-910H2/HL/HR/910Hは、アップデートしたSGX-CA500でのセンサーアップデートが必要になります。

SGX-CA500
センサーバッテリーアラート表示例

2016年9月 アップデート アラート機能搭載

パワー値、心拍数、ケイデンスの範囲(上限・下限)を自ら設定することで
モチベーション高く日常のトレーニングを行うことができます。
コーチが傍にいるかの様に高負荷トレーニングや実走行トレーニングでも
目標パワーを絞ったトレーニングの実行がおこなえます。
<通常トレーニング、トレーニングアシスト、インターバルタイマー、MMPチャレンジ>

2016年 4月 アップデート トレーニングアシスト機能・インターバルトレーニングメニュー・MMPチャレンジメニュー

シクロスフィア(スマートフォン版)で設定した多彩なトレーニングメニューを
SGX-CA500で取り込み、 トレーニングをスタート。
メニュー ステップは必要な時に音と画面ポップアップ表示で通知してくれます。
また「インターバルタイマー」「MMPチャレンジ」メニューを搭載し、 SGX-CA500単独でウォームアップ、
インターバル、レスト、クールダウンの時間や目標パワー値の設定を行い
お好みのインターバルトレーニングや短時間トレーニングが効率良く実行できます。
SGX-CA500画面もトレーニングメニューを設定すると最適なレイアウトに自動で変更。
細かい操作をせずにトレーニングに取り組めます。

インターバル
トレーニングメニュー
表示例
インターバル
トレーニングメニュー時間設定
表示例
MMPチャレンジ
表示例
MMPチャレンジステップ説明
表示例

2015年9月~2016年7月 アップデート トレーニング量指標表示

従来の表示項目に加え、アップデートによりトレーニング累積量や身体的負荷、
リアルタイムなトレーニング強度を示すTSS/IF/NP/リアルタイムインターバルインテンシティが表示可能です。

2015年12月 アップデート ANT+™パワー送信機能搭載

ペダリングモニターのモードを切り替えることなく、
ANT+™対応のサイクルコンピューターなどでパワーデータを受信することが出来るようになります。

UPDATE 「トレーニングアシスト機能」により
サイクルコンピューターがトレーニングに寄り添い
成長をサポート

SGX-CA500をアップデートすると「トレーニングアシスト機能」を利用することができます。
スマートフォンで設定した多彩なトレーニングメニューをSGX-CA500で取り込み、 トレーニングをスタート。
メニュー*ステップは必要な時に音と画面ポップアップ表示で通知してくれます。
また「インターバルタイマー機能」「MMPチャレンジ」メニューを搭載し、 SGX-CA500単独でウォームアップ、
インターバル、レスト、クールダウンの時間や目標パワー値の設定を行い
お好みのトレーニングがすぐに実行できます。
SGX-CA500画面もトレーニングメニューを設定すると最適なレイアウトに自動で変更。
細かい操作をせずにトレーニングに取り組めます。

*トレーニングアシストメニュー、インターバルタイマー、MMPチャレンジでは
トレーニングに最適な画面へ自動で変更します。
メニュー終了後元の画面に戻ります。

「トレーニングアシスト機能」SGX-CA500の画面表示例

トレーニングアシスト機能
選択画面(メニュー画面)
トレーニングメニュー
選択画面
トレーニングメニュー
開始カウントダウン画面
トレーニングメニュー
終了カウントダウン画面

インターバルタイマー機能

SGX-CA500本体で時間、目標パワーを自在に設定が可能。短時間・高強度トレーニングが簡単に実行出来ます。

「インターバルタイマー機能」SGX-CA500の画面表示例

MMPチャレンジ

1分・3分・5分・10分・20分(FTP)60分(FTP)
過去のトレーニングやレース時の単位時間での平均パワー最大値曲線(MMP)をベースに目標値(102%)とし、
時間をベースに自分の限界値を意識して行うトレーニングメニューです。
レースにより必要となる短時間のスキルアップが目的です。
パワートレーニングにおいて一般的指標である1時間持続できる平均パワー最大値(FTP)の計測も行えます。

実行したメニューは終了後すぐにスマートフォンでデータの確認が可能です。
パワートレーニングを既に実践しているアスリートもメニュー作成&データ確認が容易になります。

*「トレーニングアシスト機能」メニューは30個までメモリーできます。

「MMPチャレンジ」SGX-CA500の画面表示例

使用シーンを広げる小型軽量化を実現

トレーニング走行やレースなど様々なアスリートの使用シーンを考慮した小型軽量のボディに
屋外でも高い視認性の1.87インチ白黒LCDを搭載。
IPX6/IPX7相当の防水性能で、厳しい環境下でも高い実用性を発揮します。

質量:約75g
防水対応:IPX6/IPX7相当
•写真の商品はチーム・ロットNL・ユンボ特別仕様です。
58mm(H)
58mm(W)
19mm(D)

ANT+™センサー、Wi-Fi対応
ペダリングモニターセンサーとの組み合わせで
ペダリングをリアルタイムに可視化

ペダリングモニターセンサーSGY-PM910VSGY-PM910H2SGY-PM910HSGY-PM900Hシリーズとの組み合わせで
ペダリング1回転毎に12ヶ所で「力の大きさ」と「力の方向」を左右独立に計測。
リアルタイムでグラフィカルにペダリングの状態を表示することで、
ペダリングスキル向上に重点を置いた新しいトレーニングが可能となります。
ANT+™センサーに対応しているので
各種センサーと組み合わせることで多彩なデータを表示します。

100種類以上のデータをリアルタイムに表示

左右独立のペダリンググラフに加えて、
計測可能なデータはペダリング効率、パワー、左右パワーバランス、ケイデンス、距離、速度、心拍数※、気温、気圧、標高、勾配など
表示できるデータは100種類以上です。加えて16パターンのレイアウトからトレーニングやレースなど、
あらゆる走行シーンに対応した表示レイアウトを設定できます。
※ANT+™センサーが必要です 。

データフィールドタイプ/パターン

■データフィールド数:5

【表示例】

  1. ケイデンス
  2. パワー(LR)
  3. ペダリング効率(LR)
  4. 左ペダリング
  5. 右ペダリング

■データフィールド数:6

【表示例】

  1. 3秒平均ペダリング効率(LR)
  2. パワーバランス(LR)
  3. Lap平均ケイデンス
  4. Lap最大心拍数
  5. Lap平均パワー
  6. Lapタイム

■データフィールド数:9

【表示例】

  1. Lap平均ペダリング効率(LR)
  2. Workout最大パワー
  3. 最終Lap平均ケイデンス
  4. Workout平均心拍数
  5. 気温
  6. 標高
  7. Lap数
  8. Lap平均速度
  9. 日付

UPDATE ギアチェンジテクニックを身につける
SHIMANO電動変速機Di2の変速情報を表示&記録

変速情報を多彩にSGX-CA500で表示できるようになりました。
フロント、リアの歯数やギア比、バッテリー情報をグラフや数値で画面に表示。
多様な状況下でスピードを維持したり、ケイデンスやトルクを一定に保ち、
疲労を少なくする走行の為のギアチェンジテクニックはアスリートにとって不可欠です。
また変速情報をデータ解析Webサービス「シクロスフィア」でログデータ<総変速回数、平均変速間隔>として利用することが可能です。
他のデータと比較することで、トレーニングやレースの解析に新たな視点が加わります。

■ギア情報表示例

■バイクギア詳細表示

■グラフ表示

■数値表示

対応Di2 システム
DURA-ACE-9070 ULTEGRA6870 ULTEGRA6770
上記に追加で必要なシステム
Wireless 送信ユニット SM-EWW01(SHIMANO)
E-tubeケーブル SM-SD50(SHIMANO)

「ギア情報表示と活用法」

2014サイクルモードセミナー映像 <講師 須田晋太郎 株式会社ウォークライド>

多彩なシーンに合わせた高い操作性

フルフィンガーグローブ装着時でも高い操作性を誇る抵抗膜方式のタッチパネルを採用。
必要な情報の拡大や縮小、ページ切り替えなども直感的に操作が行えます。目的に合った画面のカスタマイズも可能です。
走行中必要となるLAP操作はハードボタンで確実に行え、加えてオートラップ機能も搭載しています。

直感的な操作

オートラップ機能

USB接続に加え、
Wi-Fiを経由したログデータのアップロードも可能

走行後、SGX-CA500をWi-Fi接続※することで
ログデータをデータ解析Webサービス「シクロスフィア」へアップロードできます。
PCとUSB接続することなく、その場でタブレット等でデータを確認できます。
※Wi-Fi環境が必要です。

FTP、CP、AWC、最大酸素摂取量などを入力し、
より高次元なライディングデータを確認する

FTP(1時間出し続けることができる最大パワー)、CP(一定時間に出し続けることができるパワー)、AWC(再生不可能な無酸素作業容量)や最大酸素摂取量などを入力することで、より高次元なライディングデータを取得できます。
またGPSのログ間隔をユーザー自身が設定でき、速度や移動軌跡などのデータも詳細に記録可能です。
※FTPを入力することでパワーの表示タイプに%FTPを表示することができます。
※最大酸素摂取量を入力することで消費カロリー計算を行うことができます。

過去の走行データと現在のデータを
その場で比較可能

過去の走行データを、走行前に確認する事で目標値の設定が行えます。
2つの走行データ(過去と現在の走行データ)を走行後に比較する事で走行評価が簡単に行えます。
※詳細な解析はデータ解析Webサービス「シクロスフィア」をご利用ください。

ProductSpecifications
  • 質量約75gの小型軽量化を実現し、レースやトレーニングでも高い実用性を発揮
  • ペダリングの状態を効率やグラフィカルなフォースベクトル表示で可視化*3を実現 ペダリングスキル向上に重点を置いたトレー二ングが可能
  • パワー、ケイデンス、速度、勾配など100種類以上のデータをリアルタイムに表示
  • フルフィンガーグローブを装着したままでも直感的な操作が可能なタッチパネルを採用
  • USB接続に加え、Wi-Fi経由*4でデータ解析Webサービス「シクロスフィア」へのログデータのアップロードが可能
質量 約75 g
寸法 58 mm (W) x 58 mm (H) x 19 mm (D)(突起物を除く)
端子 microUSB
防水対応 IPX6/IPX7 相当
センサー通信方式 ANT+™ *1 規格
ネットワーク通信方式 Wi-Fi
測位方式(緯度・経度) GPS
測位方式(標高) 気圧センサー
ディスプレイ 160x128.pixel、横 1.87 インチ、モノクロ
タッチパネル(抵抗膜方式)
内蔵フラッシュメモリー 4GB(ユーザー使用領域:3GB)
動作保証温度範囲 -10 ~ 50°C
充電温度範囲 0 ~ 45°C
電源電圧 DC 5V
使用可能時間 *2 約 12 時間
充電時間 約 4 時間(電源オフ、通常充電の場合)
付属品 ブラケット、USBケーブル、ストラップ、取付・取扱説明書、保証書

*1 ANT+™とは2.4GHz帯を用いた低消費電力の無線通信規格です。
*2 使用可能時間は、使用状況によって短くなる場合があります。
*3 ペダリングモニターセンサーとの併用時が条件。
*4 Wi-Fi環境が必要です。
• 仕様および外観は予告なく変更することがあります。

オプション <専用ブラケット>

SGY-BR500 SGX-CA500用ブラケット
希望小売価格 3,800円(税別)
SGY-BR500T SGX-CA500用TTブラケット
希望小売価格 4,800円(税別)
 

<取付イメージ>

65mm以上
Φ22.2mm
  • エアロバー径22.2mm対応です。
  • エアロバーの右側のバーに取り付けます。
    左右バーの間隔が65mm以上必要です。
  • 本ブラケット本体には、角度調整する機能はありません。ご使用になるエアロバーの形状によっては、平行に調整出来ない場合があります。