Cyclo-sphere APP

Cyclo-Sphereアプリ(iPhone用)誕生
自己スキルのデータ解析をよりシンプルに
「比較する」ことで自分の課題、進化を一目で確認。
日々の走行データを手軽に素早く確認ができ、条件を指定すれば膨大なデータから条件に合ったデータを抽出して、2つのデータを比較することが出来ます。トレーニングを通じて成長する自分のパワーやペダリングスキルを数値やグラフィックで一目で確認する新しく快適なデータ解析が可能となります。


※対象OS iOS 9.3以降
※対象端末 iPhone 6s,6s plus,7,7plus
※インターネット接続が必要です
Feature

昨日の自分に勝つ
「比較」することで確認できる変化が課題発見、
進化に繋がる。
トレーニング解析の近道に誘導するアプリ

直感的で
新感覚のデータ解析

  • 区間、時間、パワー、ケイデンスなどの条件で該当するデータを自動的に抽出し、解析します。
  • 抽出されたデータから選択して2つのワークアウトデータを比較することが出来ます。
  • 比較することで自分の成長、達成度やペース配分など次回のレースやトレーニングの目標設定が容易になります。
  • 膨大なデータから同一条件でのペダリングデータが表示され比較確認できるのでペダリングに関するスキルアップのトレーニングに有効です。

ワークアウトA
(前面)

ワークアウトB
(裏面)

ペダリンググラフでの比較イメージ

ワークアウトA
(濃い線)

ワークアウトB
(薄い線)

時系列パワーデータ比較イメージ

ワークアウトA
(前面)

ワークアウトB
(裏面)

スマートフォンに最適化されたUXにより
快適な操作性を実現

直感的で
新感覚のデータ解析を実現

ワークアウトリスト

ワークアウトリストTOP画面には最近のトレーニングの実施状況や結果が一目で分かる統計グラフや日単位(合計は週)週単位(合計は月)で走行距離、獲得標高、消費エネルギー、TSSなどの数値進捗やコメント記録ができるカレンダーを表示出来ます。

ワークアウトリスト

①ワークアウトを選ぶ

カレンダーなどを使い解析したいワークアウトを選択する。

②解析したい区間を選ぶ

場所、数値などにより近いデータが表示されます。解析したい区間を選びます。

③解析する

場所、数値などにより近いデータが表示されます。解析したい区間を選びます。

データ以外の
重要情報をメモに

コメント機能

起動直後画面のカレンダー、及びワークアウトの詳細画面でその日のコメントを記録でき、気になった時に直ぐに確認できます。トレーニングでメニューを日々こなし、自身の成長を確認するとき、データでは表現ができない要素をコメントとして残すことで後からデータの確認や比較をするときに役立ちます。将来の予定や身体に感じる疲労度、モチベーション、風向きや強さなどの外的情報やバイクの情報などを残しておくと便利です。

すぐにデータへ
アクセス

SNSアカウントログイン

アカウント登録時に、メールアドレス・パスワードを設定する必要が無くなるます。GoogleまたはFacebookを選ぶとそのサイトに移動、アプリでのアカウント情報の利用を許可すれば、シクロスフィアのアカウント作成完了となります。

データを自分最適に整理
セグメント機能で条件区間のデータを抽出し比較する

コース攻略に最適解析
いつも走る区間のデータを
リスト化

セクションセグメント

Lap操作で走行区間を一度登録すると、同じ区間を走行すると異なるログでも自動的に区間データが作成されます。パワー値の時系列グラフを表示します。過去と現在の変化が一目で確認できます。またフォースベクトル、ペダリングデータもグラフ化されることで数値の近いパワーやケイデンス状況下でのペダリングスキルの変化や、差が確認できます。

短時間高強度パワーの
自動検出
単位時間別平均最大
パワーデータリスト化

MMPセグメント

全ワークアウトデータの5秒/1分/5分/20分MMPデータが自動的にリスト化されます。短時間データを比較でき、課題克服を目指してトレーニングを行うライダーに有効な解析データとなります。

目標が明確なトレーニング、
弱点克服に最適解析

スマートセグメント セグメント対象トレーニングメニューの登録、プリセットメニュー、メニュー作成機能は2018年2月アップデート予定です。

メニューを決めて定期的にトレーニングを行うライダー向きの解析です。日頃行うメニューを登録すると時間/パワー/ケイデンスを条件にデータを自動でリスト化。2018年2月のアップデートでオリジナルメニューを作成することも可能となります。セグメント対象となるのは提案されるプリセットメニュー、プリセットメニューの編集、オリジナルメニュー作成、トレーニングアシストメニューとなります。目標値を変えて複合メニューの作成、実施も可能です。またPC版シクロスフィアLapリストで選択し、時間/パワー/ケイデンスを設定(設定はPCで行います)すると条件に近いLapデータを抽出します。パワー高低、ケイデンス高低時のペダリングデータの確認などセグメント機能を使って目標に対する達成度やペダリングスキルの上達を確認することができます。条件を絞ってデータ比較することでトレーニング目標を決めやすくなり、課題や改善の達成度が明確になります。

セグメント機能を使った解析イメージ

①セクションを選ぶ

セクションを押すとリストが表示。

②比較したいWork Outを選ぶ

場所、数値などにより近いデータが表示されます。比較したい2つのデータを選びます。

③比較する

グラフをスワイプすることで、素早くパワー値推移、ペダリングデータの確認、シッティングとダンシングの差、比較を行うことができます。

③個々のデータを解析する

セグメントデータ個々の詳細を確認。ペダリングに関するデータは2種にグラフ化され、一目で確認しやすくなります。