• 検証方法 12人によるテストを実施
  • ペダリング効率の検証

ペダリング効率の検証

1

検証方法 12人よるテストを実施

「持久運動能力(LTパワー値 低~中~高)」
「競技経験年数(開始直後~1年未満~3年以上)」
「競技レベル(一般、学連選手、日本代表)」が違う
12人よる固定ローラー台で暫定負荷テストと
血中乳酸測定を実施

検証方法

1)40wずつ負荷を上げて3分間維持をオールアウトまで繰り返す。
2)ケイデンス値は87〜93rpmの範囲で維持。
3)それぞれのLTパワー値を測定した。(LTパワー値はきつく感じ始める強度)

ウォーミングアップ
3分間維持する
40Wずつパワー
値を上げてゆく
これ以上パワー値を
維持できなくなり終了
Power HR Cadence time[ min ]

LT(Lactate Threshold)パワー値とは?

運動を維持するのがきついと感じ始める強度

血中乳酸濃度変化が大きくなる付近の強度をLT(Lactate Threshold)と呼び、 この時のパワー値をLTパワー値と呼ぶ(ここではベースラインから+1mmol/lの強度をLTとしている) LTを測定する事により、その選手の持久運動能力を決めるメインエンジンの性能をパワー値[W]で決定できる。 LTパワー値は持久運動能力の最も基本的な指標である。

LTパワー値=270〜290W
「ややきつい」〜「きつい」と感じる

負荷が低い状態では、メインエンジンである 酸化的代謝系がパワー発揮において 中心的な働きをする

負荷が高くなるにつれメインエンジンに加えて サブエンジンである解糖系の働きが活発になり、 これに伴って乳酸が生成
→血中乳酸濃度の上昇が始まる

1mmol/l
LTパワー値

LT(Lactate Threshold)パワー値を知るには?

主観的運動強度(RPE :Rating of Perceived Exertion)

運動中に感じる負担度(きつさ)を数量化したもので13~15の強度はLTと一致する場合が多い。
RPEの強度から、簡易的にLTを決める事ができる。

  20    
19 Extremely hard 非常にきつい
18    
17 Very hard かなりきつい
16    
LTパワー値
「ややきつい」〜「きつい」と感じる強度
15 Hard きつい
14    
13 Fairly hard ややきつい
  12    
11 Light 楽である
10    
9 Very light かなり楽である
8    
7 Extremely light 非常に楽である
6    
1

ペダリング効率の検証

負荷増加に伴う左右のペダリング効率[%]の変化

結果1

競技レベルに関係なく負荷の増加とともにペダリング効率も上がっていく傾向にある。

選手A(競技レベル高い)

Left power Right power

選手B(競技レベル低い)

Left power Right power

結果2

きつくなってくるLT値パワー値付近でペダリング効率が最高値に近づき始める。

選手A

選手B

結果3

競技年数の経過とともにペダリング効率は上昇する傾向にある。

選手A(競技年数長い)

Left power Right power

選手B(競技年数短い)

Left power Right power

結果4

これまでの測定からペダリング効率は最高で78%まで上昇する。

※表示のグラフは検証によるオリジナル分析データであり、シクロスフィアの画面とは異なります。
また血中乳酸濃度はこの検証オリジナルデータです。

結果

  1. 高パワー発揮時にペダリング効率は自然に上昇。
  2. きつい時のペダリング効率が重要。
  3. ペダリング効率には個人差(スキルの差)がある。
  4. ペダリング効率は80%近くまで向上できる可能性がある。
  5. ペダリング効率を上げることを目標としない。トレーニングを通して自然に上昇させる事が重要。